2017年11月15日水曜日

コミュニティFMのパーソナリティに多い病

芸能人風一般人が増加中

一般人がネットや格安のメディア枠を購入して芸能人風に振る舞っている光景をよく見るようになりました。
以前は「一般人が芸能人ぶって・・・」と冷ややかに思われるところもあったかもしれない。
でも、今はちがう。
ネットもテレビも玉石混合。 
玉石混合とは良いものや悪いもの、優れたものや劣ったものが混在している状況のこと。「淆」は「交」とも書く。
出展:Hatena Keyword
そもそも芸能人ってどこから?と思うようになってきました。

音楽業界のアマチュアとプロの境界線も曖昧に

僕自身、バンドマン時代に思っていた、プロとアマチュアの境界線は、メジャーレーベルとの契約であったけど、今はそれすら曖昧になってきている。
結局、Youtubeで再生回数が多い方がプロだろうとアマチュアだろうと同じ土俵でファンを獲得している。
デビューだって、「登録」で自主的にできる時代。

そんな中、ラジオの世界も似た様相を呈している。


というのも、全国にコミュニティFMラジオ局が立ち上がり、誰だかわからない人達がパーソナリティを務めている。
そんな中、その誰だかわからないという点をすっ飛ばして、「自分ごと」を話してしまうのだから、正直、聞いていられない番組が多い。
「自分ごと」を話して聞いてもらえる人というのは、ごくごく一部の人に限られる。

大事なのはコンテンツだということ。

まず、リスナーはコンテンツに惹かれ、その延長戦でパーソナリティに惹かれていく。
これは、音楽しかり、お笑いしかり、役者しかり、全てそうだ。
それなのに、いきなり自分ごとを話しているのは、コミュニティFMのパーソナリティに特に多い。
コンテンツに惹かれ、その発信者に惹かれ、そして、ファンになる。
コミュニティFMのラジオ番組に多いのが、ラジオパーソナリティになることが目的で制作している番組です。
だから、自分ごとになっていくわけです。
もちろん、ラジオパーソナリティになることは目的であっても良いのだけど番組それ自体がその目的になっていませんか?
むしろ、コミュニティFMの番組枠は制作会社が買い、制作会社が企画して、それに合うパーソナリティを選考するというのが、ベストな手順のような気がしています。
そんな制作会社を目指しているわけです。
とにかくコンテンツ力のある番組が増えることを切に願っています。

2017年11月14日火曜日

コミュニティFMにも賞があればいいな

文芸界のクオリティを上げている賞の存在


これだけ映像社会になりつつあるし、若者の本離れと言われて久しいにもかかわらず、文芸業界は、依然として廃れていない。
僕自身が、紙の本で小説を読むことを趣味としているのだから、廃れるわけがないと確信はあるものの、絶対に廃れることのないカラクリの一つに賞の存在があると思う。
芥川賞や直木賞、そこに至るまでの各団体が運営している新人賞など、たくさんの賞がある。
たくさんの読者に愛されることが第一使命であるとは思うけど、その登竜門として賞は作家の技術の向上や、モチベーションアップに役立っているのがよくわかる。

ラジオの世界にも、賞はある。

ただ、放送業界が対象なので、ラジオ部門といったところかもしれないけど、ギャラクシー賞が有名なところ。
もっともっと賞があっても良いのではないだろうか?と思ってしまう。
裾野が広ければ広いほど、賞で質の底上げができるのでは?って思う。

とりわけコミュニティラジオの世界は、賞というものとは無縁。

おそらくギャラクシー賞の選考範囲内にも入っていないだろうというのは想像がつきます。
どんなにおもしろく、どんなに素晴らしい番組でも、ほとんどの人が気付かない。
そういうダイヤの原石を掘る人も機関もないんだからちょっと残念だ。
というわけで、全国のコミュニティFMに提案したいのが、御局の番組の中で御局独自の賞を提案してみてはいかがでしょうか?ということなんです。
局長やスタッフ、リスナーで決めるFM○○賞。月単位だと持ち回りになりそうなので年単位がベストです。
更に、その各局の優秀賞同士で最優秀を決めるコミュニティFMのギャラクシー賞のようなものがあっても良いのではないかな?
そういうところで技術の底上げをして、技術の底上げができるのではないかな?と思っています。
賞を贈る機関を作りたい
賞を贈る機関を作りたいのだけど、僕のようなどこの馬の骨かわからない人間が賞を贈っても「あなた、誰?」となるのだから、まずは、機関作りからなんでしょう。
馬の骨でも100人集まって投票すればそれはそれで栄誉と感じてもらえるのではないでしょうか?
そんなことを、僕が監事を務めるNPO法人で提案したいなと思っているんです。

2017年10月26日木曜日

有名俳優目白押しラジオドラマはテレビ以上

ラジオドラマなんて今時誰が聞くの?


ラジオドラマなんて今時、誰が聞くの?と思っていませんか?
僕自身がそんな風に思っていたんです。
でも、実際、車でラジオを聞いている人なんかは特に、知らず知らずに聞いていた番組がドラマだったなんてことがあるようです。

CMがドラマ仕立てであることが多いです。

ジャンルを広げて聞いてみるとCMがラジオドラマであることが多いです。
しかも、そのドラマ仕立てのCM、テレビで見るCM以上に印象に残りませんか?
ラジオCMでも、商品やサービスの名前を連呼するようなものもありますが、あれはナンセンス。その点、ドラマ仕立てCMは想像力をかき立てられるし、同じストーリーでも映像にするよりもなぜだか「残る」。

ラジオドラマは耳が持って行かれる傾向あり

CMのラジオドラマもそうだけど、ラジオドラマ番組にしても、一度聞き出したら、耳が持って行かれる。
ラジオは「ながらラジオ」と言って何かをしながら聞くことができるのがメリットの一つと言われていますが、ラジオドラマは全く別。
想像力がかき立てられて、ついつい集中してしまうんですね。

テレビドラマとの違いは?

テレビドラマとの決定的な違いは、登場人物の心の声が多いところ。台詞とナレーションが織りなすので、テレビドラマよりもストーリーがダイレクトに聞こえてきます。
声だけだからわかりにくいなんてことはありません。

音楽との相性が抜群

ラジオドラマの素晴らしいところは音楽との相性が抜群なんです。
けっしてBGM、バックグラウンドミュージックではありません。出演者の域です。
時に、BGMから派生したドラマというものも結構多く、これはもう一つの音楽の聴き方なんだと思います。

出演者は実は豪華

ニッチなジャンルだと思っている方もいらっしゃると思いますが、NHKのFMシアターの出演者をみていただければ、第一線にいる俳優、女優さんが出演されています。

使いすぎている目を休めるには目を使わないエンタメを

ラジオドラマは本当に面白い。だまされたと思って聞いてみて欲しい。
時には、テレビやスマホ、パソコンで疲れた目をとじて、ラジオドラマで心と目の休息をしてみてはいかがでしょうか?

ネットで聞けるおすすめメジャーラジオドラマ

NHK FMシアター

TOKYO FM あ、安部礼司

2017年10月25日水曜日

ネットではないところでメディアを立ち上げるべき理由

ネットメディアとアナログ媒体の違い


ラジオ局を立ち上げたい!と思いつつも、そんなものネットでできる。
フリーマガジンを発行したい!と言っても、そんなものブログで充分!とも言える。
僕もかつてそう思っていたし、今でも、半分はそう考えます。
でも、実際、ラジオで番組を持つことと、ネットやポッドキャスト、Youtubeで番組を持つことは大きく異なる。

違いは発信側の「責任」

放送局の場合

電波法というものがあるし、局ごとに倫理委員会というものが当然あるのだけど、ネットの場合は自己責任。
ブログで訴えても「どこの誰だかわからない」とアベさんに言われてしまう始末。
(その後、大いにたたかれましたが)

フリーマガジンの場合

印刷物であって、証拠としての機能が伴う分、発行側の責任はブログで書く以上に重い。

組織で運営されているという魅力

そういう責任があり、更に言えば、ラジオもフリーマガジンも到底1人ではできない、組織レベルのメディアである点も、価値があると捉える人は多いのではないでしょうか?
実際、「ブログの記事にしたいので取材をさせてください」と言うのと、「フリーマガジンの取材なのですが、取材をさせてください」と言うのでは相手の印象もだいぶ違ってくると思います。
実際、コンテンツに関しては、どちらも全く同じものが作れるし、伝達手段が違うだけなので、どちらが良いか?という問題ではなく、より多くの人に質の高いものを届ける手段としては、そういう「責任」が伴うものを選択する方が、発信側としても便利なのだと思います。

引き寄せの力がある

ラジオもフリーマガジンも「引き寄せ」の力があると言うことが言える。
引き寄せの力がある分、取材もやりやすいです。

既にファンがいる人ならネットがオススメ

ある意味、有名人に関しては、ネットを使えばことが足りると思います。
既に、ファンがいて、受信者がいるのであれば、なにもメディア立ち上げに資金と労力を費やす必要がないからです。
真に伝えるべきことは有名人だけがもっているわけではなく、おそらくたくさんの日の光が当たらないところにも眠っているのだと考えれば、地域メディアの存在価値があるのではないかな?と思うわけです。

2017年10月12日木曜日

放送局を立ち上げる!メモの連載

軸は「コミュニティFMラジオ曲を作る」をテーマに記事を書いていきます。


僕自身、ラジオ局でパーソナリティを務めたり、キー局でラジオの現場を学んだりしてきました。
更に、積極的に参加してきたわけではありませんが地元でもラジオ局設立を目指す準備会に参加したことがありますが、そちらの方は予算がそろわず頓挫してしまったようです。

そんな経験も踏まえて、自ら放送局を立ち上げるとしたら、こうしたい、ああしたい。
多くのFM局で、運営の悩みを抱えていますが、ネットと融合した企画や、地域と連携した企画、事業展開の方法など、プロモーション企画会社運営のノウハウを元に企画していきます。

映像配信を活用した企画

さらに、ラジオ局を立ち上げる以外にも、映像配信を活用したインターネット放送局のやり方。企画。こちらは、時折仲間と一緒に配信しているので、今後の展開なども記していきます!

インターネットラジオ局を運営中


さらに、現在、radicas.NETというネットラジオステーションも運営中。
パーソナリティの活躍の場を創出しています。

ラジオのこれから

ラジオのこれからは、インターネットと融合して、電波×オンラインという新しいメディアに生まれ変わっていくと思っています。

これは、夢実現までのメモです

そんな中、どうせ放送局設立企画を学ぶなら、そのメモを公開して、その中で同志を募って行ければと思い始めるブログ。
どうぞお付き合いのほど、よろしくお願いします。