2017年11月15日水曜日

コミュニティFMのパーソナリティに多い病

芸能人風一般人が増加中

一般人がネットや格安のメディア枠を購入して芸能人風に振る舞っている光景をよく見るようになりました。
以前は「一般人が芸能人ぶって・・・」と冷ややかに思われるところもあったかもしれない。
でも、今はちがう。
ネットもテレビも玉石混合。 
玉石混合とは良いものや悪いもの、優れたものや劣ったものが混在している状況のこと。「淆」は「交」とも書く。
出展:Hatena Keyword
そもそも芸能人ってどこから?と思うようになってきました。

音楽業界のアマチュアとプロの境界線も曖昧に

僕自身、バンドマン時代に思っていた、プロとアマチュアの境界線は、メジャーレーベルとの契約であったけど、今はそれすら曖昧になってきている。
結局、Youtubeで再生回数が多い方がプロだろうとアマチュアだろうと同じ土俵でファンを獲得している。
デビューだって、「登録」で自主的にできる時代。

そんな中、ラジオの世界も似た様相を呈している。


というのも、全国にコミュニティFMラジオ局が立ち上がり、誰だかわからない人達がパーソナリティを務めている。
そんな中、その誰だかわからないという点をすっ飛ばして、「自分ごと」を話してしまうのだから、正直、聞いていられない番組が多い。
「自分ごと」を話して聞いてもらえる人というのは、ごくごく一部の人に限られる。

大事なのはコンテンツだということ。

まず、リスナーはコンテンツに惹かれ、その延長戦でパーソナリティに惹かれていく。
これは、音楽しかり、お笑いしかり、役者しかり、全てそうだ。
それなのに、いきなり自分ごとを話しているのは、コミュニティFMのパーソナリティに特に多い。
コンテンツに惹かれ、その発信者に惹かれ、そして、ファンになる。
コミュニティFMのラジオ番組に多いのが、ラジオパーソナリティになることが目的で制作している番組です。
だから、自分ごとになっていくわけです。
もちろん、ラジオパーソナリティになることは目的であっても良いのだけど番組それ自体がその目的になっていませんか?
むしろ、コミュニティFMの番組枠は制作会社が買い、制作会社が企画して、それに合うパーソナリティを選考するというのが、ベストな手順のような気がしています。
そんな制作会社を目指しているわけです。
とにかくコンテンツ力のある番組が増えることを切に願っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿